本を良味トーク会 を開催しました


6月25日(土)に、「しつもん読書会式 本を良味トーク会」を開催しました。
課題図書は、宮本輝著『ドナウの旅人』。
しつもん読書会」式に本を読み広げていきました。

   
   一つの題材(本・短歌・和菓子など)を、
   見て、読んで、感じて、つまり「味わって」、想像して、
   参加者それぞれが感じたことを「伝え合う」会
   =『良味トーク会』

「しつもん読書会」は、8つ+αの質問に答え、それを伝え合うことで本を読み進めていく会。
「しつもん読書会式 本を良味トーク会」は、頭と気持ちのストレッチの時間。

 

今回の課題図書は、宮本輝著『ドナウの旅人』。
源泉から黒海まで東西3,000kmにわたるドナウ川に沿っての2組の旅のお話。
流れが合わさって大きな川になっていくように、家族・友人・行く先々で出会う人々、その経験と知恵とそして愛が合わさって…。



いかがでしたか?

この日の私に一番響いた質問はこちら。

   「この本を読んで、あなたがしたい旅のコンセプトは?」

     旅先でばったり会う人、もの、できごと…を楽しみたいな。
     ローカル線でのんびり、列車で駅弁食べたい、あと寝台車もいいなぁ。
     どこへ行ってみようか、わくわく。

もう一つ。

   「登場人物で、一番話してみたい人は誰ですか?」

     麻沙子のお父さん、ベルタ・アムシュタイン、ティーネ、ペーター…

あなたは、誰と話してみたいですか?

ご参加、そして共に時間を作って下さり、ありがとうございました!
何度も読んでいる本ですが、一人で読むのとはまた違う刺激をいただきました!

次回の本を良味トーク会は、8月9日(火)。
「魔法の質問パート編」をオンラインにて開催します。
課題図書は、安斎勇樹著『問いかけの作法 チームの魅力と才能を引き出す技術』。
「魔法の質問パート編」は、「しつもん読書会 事前ワークシート」の8つ目の質問「どんな『魔法の質問』が生まれましたか?」を中心に進める会。
「魔法の質問」を作る、答える、伝え合う、ディスカッションする時間。

他の参加者との協働で、知らなかった世界に触れる時間になればと思っています。
詳細はこちらから。

ご参加お待ちしています。


<しつもん読書会とは>
  質問に答え、それをシェアしていくことで本を読み進めていく会。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。