周りの人との関わり方を磨き直す 味方学®ワークショップ(相手の可能性を信じて見守る)を開催しました


12月10日(火)に、「味方学®ワークショップ」を開催しました。
テーマは「相手が思うように進んでいる時も思うように進めない時も相手の可能性を信じて見守る」。味方学®ワークブックのテーマ6「自分の人生のハンドルを握る」とテーマ7「見守る」に取り組みました。
味方になりたい相手の様子を目にして、あ~も~こうすればいいのにと思ってイライラ、そんな時はありませんか?
そんな時、どのように相手を受け止められたら、その人の歩みに寄り添えるでしょうか?
次の一歩またその次の一歩につながるでしょうか?

一旦相手の立場に立って、気持ちや考えを想像した上で、自分ができることを考えてみました。

   

味方になりたい相手に、こうすればいいのに~、なんでこうしないの~、こうして欲しい~と思うこと、相手に何とかして欲しいと思うこと、ありませんか?
では逆に、その相手はどんな風に感じ考えているのでしょうか。もしかしたら、その人流に、色々と考えて進めている?かもしれません。そして、それは、あなたの進め方とは違うのかも?!
ちょっぴりイライラすることについて、一度相手の側に立ち、どんな風に感じているかを想像した上で、自分にできること・工夫を考えてみました。

いかがでしたか? 自分にできること、意外とたくさんありそうでは?!
自分にできることを探し、それを積み重ねていくと、じっくり相手の力になり、味方であり続けることができるのではないでしょうか?


自分にできることを考える、自分で選択をすることで、(自身も)前向きになれそうという話にもなりました。

今日見つけた自分ができることの一つ、二つ、日々の生活で試してみて下さいね。

ワークブックの一つ一つの質問に丁寧に答えてくださり、気づきやそこから考えられることにまで話を広げることができ、充実した時間になりました。
ご参加ありがとうございました。

ランチのラターシュセット。
パンはお好みでチョイス。

  

   

   

   

ワークショップ終了後にランチ。
話がはずみ、ランチの時間が足りない感じでした。

 

また次の機会にお会いできるのを楽しみにしています!

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です