周りの人との関わり方を磨き直す 味方学®ワークショップ(相手が目指していることを理解する)を開催しました


9月18日(水)に、「味方学®ワークショップ」を開催しました。
テーマは「相手が目指していることを理解する」。味方学®ワークブックのテーマ2「観る」とテーマ3「聞く」に取り組みました。
聞きたいことがあるのに、なんだかうまく会話にならない、力になりたいとアドバイスしてみたのにちょっと不満そう、そんな時ありませんか?そんな時、どのように受け止めて、どのようにかかわったら、次の一歩につながるでしょうか?


自分の経験を振り返ってみたり、立場を変えてみたりして、相手と自分について考えてみました。

この日は、ワークブックから発展して、日常の「こんなこと」についても考えてみました。
例えばこんなこと。
「(最近)どう?」というおたずね。いろんな場面で言ったり聞いたり。
どうって、どんな答えでもよさそうで答えやすいような、でも答えにくい時もあるかもという話になりました。
場面や相手やタイミングによって、「何」がどうなの?と。「何」を聞きたいの?と。
聞くときの気持ちと、聞かれたときの気持ちを考えてみて、わかってきたこと。
相手と私は違うから、思ったような応えがないこともある。
それを感じられたことがまず一歩、尋ね方を少し変えられたらまた一歩、相手の味方に近づけたのかもしれません。


ランチのラターシュセット 。
クロワッサンが美味しかった!

この日はワークショップはランチ付き。また違った気分で、おしゃべりの時間を楽しみました。
ご一緒した時間の中で気づいたこと、ぜひ日常で活かしてみて下さいね。

ご参加ありがとうございました!
またお会いする時を、楽しみにしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です