「賛歩」について


何かを始めよう変えよう進めようとするとき、初めに大きなエネルギーが必要なのでは?
このはじめの「三歩」を支えることで、
個人や組織や社会の挑戦や変化を応援していきたいと思っています。

クライアントさん自身の考え、思い、歩みを尊重することを第一にする
そんな意を込めて三歩に「賛」の字を充て、「はじめの賛歩」と名付けました。

「三歩だけ?」

応援してもらえるのは初めの三歩だけなの?と聞かれることがあります。

   「相談にいらした方(クライアントさん)が、
ご自身が本当に望む方向に課題を解決するまでを応援する」のがコーチング。

初めの三歩だけでは、解決までいかないじゃない?!
もちろん、ご要望があれば、四歩目も五歩目も・・・お手伝いします。

でも、
   解決された時の状況(到達点)が見えて、
   これから具体的に取り組んでみようということが見つかって、
   取り組みが自信につながって、
   こうしてみようってエネルギーが湧いてきたら、
もう一人でも進んでいかれるのではと思っているんです。
そして、
ご自身で進んで行くことができるというのは、クライアントさんにとっても喜びなのでは?と。

実際、
   具体的な到達点(目標)が見えて
   そこに到達したいって気持ちが盛り上がってきて、
   たどり着けそうな自信がついてきたときの
クライアントさんの進むエネルギーや創造力には、いつも驚かされます。
そして、こんなときのクライアントさんの表情は、きらきらしていて本当に素敵です。

初めに少し時間がかかっても、
このご自身の中から湧き出るエネルギーを感じられるところまでを大切にしたい、
ご自身で進めそうになってきたらそっと、少しずつ傍を離れていく、

そんな意味のはじめの三歩、クライアントさんの思いを大切にしたい「賛」歩です。