実は同じ?


お互いに同じ目標に向かって仕事をしているのに、どうもうまくいかない。
そんな組織の間を取り持つ仕事をしていたときのこと。

例えば、
どの程度マメにコミュニケーションをとったらいいのかについて、お互いに迷っていた。

   かたや、もっと密に会って、すり合わせをしたい。
   もう一方は、ちょこちょこ顔を出したいが、忙しそうだし寄っていいものかどうか。

間にいる私たちには、こんなことを話してくれる。

これって・・・
要するに、
両方とも、
もっとマメにコミュニケーションをとりたいんじゃないの?!


両方の方々に集まっていただいた。
それぞれの意向を率直に話してもらい聞いてもらった。
お互いの意向を知ったら、
実は同じ思いであることを知ったら、
もっとマメに連絡を取り合いましょう!ということになり、目標に向かって進み始めた。


相手はどう思っているのかな?
いろいろ想像してみても、本当のところはやっぱりわからないかも?!


それなら、
思い切って
「聞いてみる」というのもいいのかもしれない?

そのとき、
どんな風に聞いてみたら、思いを話してもらえるでしょうか。




参考:味方学®ワークブック テーマ3「聞く」