かかわり方を磨き直す 味方学®ワークショップ(テーマ1「自分を受けとめる」)を開催しました


4月24日(土)に、「かかわり方を磨き直す 味方学®ワークショップ」を開催しました。テーマは「自分を受けとめる」。
大切な人にかかわるときのご自身の気持ち、どんな感じでしょうか?

職場に向かう途中、道を聞かれました。
 ①早起きして時間に余裕があるあなただったら、
 ②緊張する会議があるのに、寝坊して時間ぎりぎり、焦っているあなただったら、
どんな風に応えますか?
説明する内容・口調・丁寧さ…違うのではないでしょうか?
同じように(道を)尋ねても、返ってくる言葉は違うかも?!そうすると、受ける感触も違いませんか。


自分の状態次第で、相手が受ける印象が変わってしまうかもしれない…。
それでは、大切な人の大切な瞬間に、どのようにかかわりたいですか?

大切な人のことを受けとめ、大切にかかわろうと思ったら、あなた自身の気分や調子が影響してしまうのは残念かも?!だから、まずはご自身の気持ちを整えることを考えてみましょう。そして、その一歩目として、今・その時のご自身のことをそのまま受けとめてみましょう。

  

持っていることが「当たり前」になっていること、できることが当たり前になっている「○○すべき」こと、普段は意識しないこれらのことについて、敢えて立ち止まって、見直してみました。


いかがでしたか?
この日の参加者は、繰り返しワークに取り組み、学びを継続してくださっている方。
毎回同じように思い浮かぶこと、今回初めて思い浮かんだこと、どのようなものがありましたか?
また、最後には、自らしつもんを作ることにも挑戦していただきました。
なかなかに難しい自分を整えること、「自分を受けとめる」こと。日々の生活で、しつもんを成長させながら、深めていただければと思います。
ご参加、どうもありがとうございました!

 

かかわり方を磨き直す 味方学®ワークショップ、次回は、5月8日(土)10時より、オンライン(zoom)にて。テーマ2の「観る」に取り組みます。詳細は、こちら
お参加お待ちしています。


   今回(4月24日開催)のワークショップの開催概要はこちら
   味方学®ワークショップの開催予定についてはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です