友人の家へ


友人のお家に遊びに行った時のこと。
ランチは外で食べようということになっていたので、おやつを持っていくことにした。
友人の好みは…?

   わからない…。

最近会ったばかりという友人ではない。
何度もご飯を食べたり、話したり。
なのに、何を持っていったら喜ぶか、喜びそうか、わからない…。
残念だった。がっかりだった。


思い返してみると、その友人と好みについて話したことはほとんどなかったなぁと。
「何にする?」「何でもいいよ、合わせる~。」そんな会話が多かったなと。


この出来事をきっかけに、友人の好みを見る、聞くようになった。
そうしたら、自然と会話が膨らむようになった。


私自身も、何でもいいをやめた。
自分の好みを表現するようになった。
     着物着るよ、和菓子好き、干しブドウはだめ(今は大丈夫だけど)、
     チョコレート好き(ビターね)、お酒なら日本酒 etc.


そうしたら、同じ好みを持つ友人が、自然に増えた。


相手に興味・関心を持つと、お互いの距離がぐっと縮まるのかもしれない?




参考:味方学®ワークブック テーマ2「観る」